サポート校の学費と通信制高校

通信制高校で挫折する生徒がなぜそんなに多いのかといえば、やはり学習面のフォローは全く無いということも原因の一つでしょう。中学までの基礎力がしっかり身についていれば、なんとか自己学習も乗り越えら得ますが、不登校に陥っていたなどの事情があると、「自己学習」がウイークポイントとなって、挫折してしまうことも多々あることなのです。まだまだ大人の助けや指導者とのコミュニケーションが必要な年代です。進路指導や精神面での支援を求めているものなのです。公立のような通信制高校ではそコマではできませんので、そこを補うものとしてサポート校へも同時に入学する生徒が増えてます。またそうすることで卒業率は高くなっています。


<サポート校の学費>

サポート校の学費はそれぞれですので、ひとことで「いくらぐらい」とはいえないものです。学習指導だけにポイントをおくのであれば、一年間で20万から30万の学費が多く見られます。技能を身につけたりスキル形成にポイントがあると40万から50万がよく見られますし、個別指導に力を入れているところでは100万円を超えるものもあります。高校卒業を目指していれば、そこに通信制高校の学費も加わってきます。近頃はサポート校が行うようなカリキュラムも取り入れている私立の通信制高校も出現しています。通信制高校とサポート校の2重出費は免れますが、通信制の中では学費が高いものになります。

Comments are closed.