通信制高校の卒業までの流れ

通信制高校を卒業するまでの流れは、全日制や定時制のように学年制に縛られることはありません。
また何年以内に卒業しなければならないといった年限が設けられていることも少なく、必要単位数を取得したときに卒業できるといったシステムです。
そのため自分にあったペースで卒業を目指せるという利点があります。
ただし高等学校卒業程度認定試験と併用して3年に満たない期間で必要単位数を取得したとしても、入学から3年経たなければ卒業はできません。


<通信制高校の単位取得と卒業までの流れ>

通信制高校は学校教育法に則って、3年以上在籍し、卒業することとなります。
その間に高等学校卒業程度認定試験の合格によって全ての単位数を得たとしても、卒業の扱いにはなりません。
その反面、3年以上であれば何年かかっても卒業を目指せるという利点を持った通信制高校もたくさんあります。
必要単位数は74単位。
技能連携校ににおいては、高等専修学校や定時制課程において履修した単位においても、一部卒業単位として加算することが許されています。
単位はレポート提出による添削指導と単位認定試験の合格によって得られます。
この単位を取得して、卒業時期になれば、高校卒業の資格を手にすることができます。

Comments are closed.